パソコン豆知識

【5分で解決】パソコン内のファイルやアプリを検索する方法

 

こんにちわ!皆さんはパソコンでファイルをダウンロードした時しっかりと整理していますか?整理できている方ならすぐに目当てのファイルが見つかるかもしれませんが、整理してないとどこにあるのか見つけるのはもはや不可能に近いです。

この記事ではそんな皆さんにパソコン内のファイルを検索する方法をご紹介していきたいと思います。知っているだけで今まで見つからなかったファイルが見つかるかもしれませんよ!

Windowsでファイルを検索する場合

windowsでファイルを検索する場合ですが、バージョンによって方法が違うので分けて説明していきます。目次からも目当ての場所に飛べるのでご活用ください。

windows7の場合

まずは左下にあるwindowsボタンをクリック、またはwindowsキーを押しても大丈夫です。すると、左下からメニューがせりあがってきますので、その一番下にある

「プログラムとファイルの検索」

という欄に検索したいファイル名を入れてEnterで検索できます。

Windows8の場合

まずはマウスカーソル(→みたいなやつ)を思いっきり右上にもっていきましょう。画面からはみ出すくらい思いっきりです。すると右端から5つメニューが出てくると思います。

  • 検索
  • 共有
  • スタート
  • デバイス
  • 設定

この中の「検索」をクリックしてください。後は出てきた検索ボックスに検索したいファイル名を打ち込んでEnterで検索できます。

Windows10の場合

左下を見ていただけると、windowsマークと「〇ここに入力して検索」という欄があると思いますが、「ここに入力して検索」という所にファイル名を入れてEnterで検索できます。

なんかコルタナかなんかよくわからん人が喋り出しますがシカトしてあげてください。

Macでファイルを検索する場合

Macでは共通して「spotlight検索」という物を使います。使い方は簡単。

「Commandキー+スペースバー」を押すと検索ボックスが表示されます。こちらに検索したいファイル名を入れれば検索できます。

この他にも「spotlight検索」では色々なショートカットやコマンドが使えます。

  • 表示された候補を使って検索をする 右矢印キー
  • 次の検索結果に移動する 下矢印キー
  • 前の検索結果に移動する 上矢印キー
  • 次のカテゴリの最初の検索結果に移動する Command +下矢印キー
  • 前のカテゴリの最初の検索結果に移動する Command +上矢印キー
  • 選んだ結果を開く Return キー

この他にも固定の文章を検索する前に入れることで検索の範囲や検索の仕方を変えることが出来ます。

  • filename:〇○○○ ファイルのみから検索。他の検索候補が鬱陶しい時はとりあえずこちらを使いましょう。
  • date:〇○○○ 例えばdate:todayなら今日ダウンロードした物からの検索になります。「tomorrow:yesterday:thisyear:thisweek」なんかも使えます。
  • intext:〇○○○ ファイルの中身から文章や文字を検索してくれます。名前わからないけどあの事について書いたファイルなんだっけという時に役立ちます。

まとめ

パソコン内のファイルを検索できることで「あのファイルどこ行ったんだろう」という事を無くせるので、もしかしたらパソコン内容量の節約になるかもしれませんね。

因みに僕はファイル検索すら面倒になり結局色々な物をダウンロードしては使って、どこいったっけ?と思ったらまたダウンロードしては使ってを繰り返しています。ダメ人間ですね。

ただ、画像ではなく100MBを超えるようなソフトやアプリだとそう何度もダウンロードしてられないので、最低限パソコン内検索は使えるようにしておきましょう!

ではまた!